ハゲの治療では保険が基本的に適用されません

ハゲ治療は、基本的に保険が適用されません。ハゲの治療では、まず内服薬フィナステリドや外用薬ミノキシジルを併用して、抜け毛を減らし、髪を育てます。この内服薬フィナステリドや外用薬ミノキシジルには、現在のところ、保険が効かないのです。ですから、歯医者に通うような感覚で、ハゲ治療を行う事は、残念ながらできません。

どうしてかというと、厚生労働省が保険の適用を認可していないからです。そう、保険が必要とされる病気として認知されていないのです。ですから、病院でのハゲ治療に必要とされる費用は全て自己負担となり、ある程度の費用がかかる状況をあらかじめ、覚悟しておく必要があります。

ハゲ治療では、フィナステリドやミノキシジルを処方してもらうだけにとどまらず、他にも幾つかの選択肢があります。もちろんそれらの施術にも保険を使う期待はできず、さらに高額の費用がかかるようになります。ですが、考えてみてください。育毛剤や育毛シャンプーがどのくらいの金額で市販されているのかご存知でしょうか。

育毛剤や育毛シャンプーを使い、真剣に育毛対策をするなら、月額にして五千円から一万円の費用を負担することになるはずです。それならば、今よりも髪の毛が生えてくる可能性が各段にアップするAGA治療にトライする価値はあるのではないでしょうか。月額八千円程度から始めることもできるハゲ治療にあなたもトライして、今の自分を変えてみてはいかがでしょう。

m字はげ 治療